Topics トピックス

所属アーティストのニュースを中心に、研音からオフィシャル情報をお届けします。

2017.06.13(火)

ⓒKEN-ON
山崎育三郎 2nd COVER ALBUM『1936〜your songs II〜』発売イベント6月7日(水)に、山崎育三郎 2nd COVER ALBUM『1936〜your songs II〜』発売イベントがタワーレコード渋谷店で開催された。
 
CDジャケットで着用した本人の写真がプリントされているリバーシブルの衣装で登場した山崎は

後ろの方も見えていますか?生三郎です!
1月15日に行われたコンサート以来、皆さんの前で歌唱披露するのが久しぶりなので今日は沢山の方々にお集まり頂き嬉しいです。
この半年間はドラマの撮影から始まり、「アナザースカイ」の撮影で15年ぶりに留学していたアメリカのミズーリ州を訪ねたり、実写映画「美女と野獣」プレミアム吹替版で野獣の声を担当させて頂いたりと少しハードな数か月を過ごしました。


と活動を振り返った。

このイベントのより詳しい内容は「山崎育三郎オフィシャルファンクラブ」をご覧ください。

■山崎育三郎オフィシャルファンクラブ
https://iku-fc.com/




2017.06.13(火)

ⓒKEN-ON
竜星涼 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』公開初日舞台挨拶

6月10日(土)に行われた映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』
の公開初日舞台挨拶に竜星涼が出席した。

 

伊藤英明さん演じる牧村航の後輩刑事、春日部信司役
を務めた竜星は「初日を迎え、この素敵な作品の熱量
を皆さまに届けることができて嬉しく思います。」とコメント。

 

衝撃的な結末が待ち受ける内容の為、この日
登壇者全員がNGブザーを持ち撮影中のエピソードなど
「これ以上話すとネタバレしてしまう」という場面で
ブザーを鳴らすというトークセッションが進む中、
「最近、刑事役を演じさせて頂く機会が多いのですが
この作品は最初の刑事役かと思います。
役柄を演じる上で目力を出すために監督と相談し
まゆげを少し細く整えて演じました。」と振り返った。

 

 

 

 

 


2017.06.12(月)

ⓒKEN-ON
福士蒼汰 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』ティーチイン付き舞台挨拶

6月8日(木)に行われた映画『ちょっと今から仕事やめてくる』
のティーチイン付き舞台挨拶に福士蒼汰が出席した。
 
上映後の舞台挨拶で福士は
「今日はティーチイン付き舞台挨拶ということで皆さんからどのような
質問を頂けるのか楽しみにしています。」と話し、
映画のタイトルにちなみ『ちょっと今から質問に答えます』のコーナーへ。
 
「劇中で関西弁やバヌアツ共和国の公用語ビスラマ語を話す役でしたが
次に話したい方言や語学はありますか?」という質問に
「言語を学ぶのが好きで、英語を勉強しているのですが
ビスラマ語は英語に似ているので、英語に置き換えて勉強しました。
もし次にやるなら、コミュニケーションの幅が広がると思うので、
スペイン語を勉強したいです。と語学勉強に熱意を見せた。
 
バヌアツ共和国の3か所で合計1000名以上集まり上映会が開催され
(工藤阿須加さん演じる)青山隆が「ちょっと今から仕事やめてくる」と
話す場面では歓声が起きたという報告を受け
「文化が違う中、普遍的な部分は一緒なんだと感じこの映画に出演させて頂けて
良かったと思います。」と笑顔を見せた。

また、「今回ヤマモトは青山隆にとって光になったと思いますが
皆さんにとって光になってくれたものや人はいますか?」という質問に
「大の犬好きで、犬に会うとその無垢な姿に癒されて心が浄化されるので、
ある意味光になっているのではないかと思います。」と話し
「最近の生きがいを教えてください」という質問には
「今はお仕事をしている時です。目標を設定してそこに向けて準備をし、
お芝居をする時やこのような機会に皆さんとお会いできるのも生きがいです。」
とコメント。
 
最後に「ご覧になった皆さんがこの映画について
話し合って頂き、どんどん作品への思いを深めて欲しいと思います。」と語った。

 


2017.06.12(月)

福士蒼汰 ファンイベント『Birthday Party 2017』

 5月28日(日)に福士蒼汰ファンイベント
『Birthday Party 2017』が開催された。


オープニングVTRが流れ、スモークの中から登場した福士が
「皆さんこんにちは、福士蒼汰です。
こんなに沢山の方に集まって頂いて本当に嬉しいです。
今日は色々と話せたらいいなと思いますのでよろしくお願いします!」
と話すと集まった2500人のファンの方々から熱い声援が送られた。

3回目の共演となる司会の古家正亨さんが迎えられ
終始リラックスムードの中、イベントはスタート。

 

 

 

最初のコーナーは、事前に募集した質問に時間のある限り答える
「ココだけの話」。
今の仕事以外の職業に就くならば何の仕事をしますか?という質問に
「この質問には2つお答えしたいと思います。
まずこの仕事をしていなかった場合は、
英語を学ぶことが好きなので、大学に行き、留学もして
海外の方とやり取りをする仕事に就きたいと思っていました。
そして今俳優という職業をやめた場合は
バックパッカーになって世界一周し
経験する中で思いついた何かを仕事にしたいです。」と答え、
50年後どんなおじいちゃんになっていると思いますか?という質問に
「かっこいいおじいちゃんでいたいですね。
姿勢を保つために鍛えて、常にスーツを身にまとい、
ハットをかぶっていると思います。」と回答すると、
古家さんより「イギリスに住まれたほうがよいのではないでしょうか(笑)」
と指摘され会場は笑いに包まれた。
 
昨年に続き、近況と抱負を掲げるコーナーでは
23歳を振り返り「印象に残っていることは
公開中の映画「ちょっと今から仕事やめてくる」の撮影で
バヌアツ共和国に行った事です。
天気に恵まれる中撮影ができ、スタッフの皆さんと毎晩食事をしながら
色々な話も出来たので思い出に残っています。」と話し
24歳を迎えるにあたっての抱負を「想いを伝えるという事です。
役柄が思っていることをどう表現し、伝えるかが勝負なのではと思います。」
と掲げた。
 
映画「ちょっと今から仕事やめてくる」のヤマモトという役柄について
「底抜けに明るいキャラクターですが
明るさだけでない部分もあり演じる上で難しくもありました。
もしご覧頂いた皆さんがヤマモトのように
暗闇の中にいて心が疲弊している人をひっぱってあげられる存在になりたいと
感じてくださったら嬉しいです。」と話した。

 

その後、福士にサプライズで同作品で青山隆役を務める工藤阿須加さんと
主題歌「心」を担当したコブクロの小渕さんと黒田さんからのメッセージ映像が流れると
「映画の撮影が始まる前に工藤君の家でたこ焼きパーティーをしたりして、
役柄だけでなく仲良くなれたのでまた一緒にしたいと思っています。
コブクロの小渕さんと黒田さんは先日先行プレミアム上映会でご一緒させて頂いて、
本当に面白くて優しい方々でした。」
と話し、満面の笑みを見せた。

 

 

 

 

続いて「1day diary ちょっと今から北海道行ってくる篇」と題し
映画のキャンペーンで訪れた北海道の仕事風景
がおさめられた密着映像の上映や
2500人の中から1人が福士と生電話できる
「突然!!生電話がつながるのは誰!? 」コーナーが催され、さらに
ファンの方々への日頃の感謝をこめて、福士提案による企画
「ちょっと今から仕事やめてくる 大ヒット記念 2500人の大フォトセッション!
ちょっと今から撮影してくる」が発表されると会場から大きな歓声が沸き
アリーナ席やバルコニー席など、どの席からも見えるように福士が
各方向に移動し、様々なポーズをしながら撮影に応じて
ファンの方々との交流を楽しんだ。

 

 

 

その後は、サイン入りポスターやと、バヌアツ共和国や
カレンダー撮影で台湾を訪れた際に自ら選んだお土産をプレゼントする大抽選会や、
歌のプレゼントが2曲披露された。
最後に「昨年は色々な作品に参加させて頂き、今後も
ドラマや映画などを通し、色々な姿を皆さんにご覧頂きたいです。
これからもっと自分を磨き、心からかっこいい男になりたいので
皆さん温かい目で見守って頂けたらと思います。
これからも応援よろしくお願い致します!」とコメントし、
参加者全員とハイタッチを行いイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。
 
(第一部(13:30~)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)

 

★研音公式WebMagazine「KEN MAGA」では、
第一部と第二部をまとめた詳細なレポートを後日公開予定です。
さらに、イベント内で上映された映像『1day diary ちょっと今から北海道行ってくる篇』
を、「研音Message」ムービーコーナーと、「KEN MAGA」イベントレポート記事内にて
期間限定にて後日公開します。
こちらも合わせてお楽しみください。

 

■研音公式モバイルサイト「研音Message」
http://www.ken-on.com
※携帯・スマートフォン専用サイト

 

■研音公式WebMagazine「KEN MAGA」
http://mag.ken-on.com
※スマートフォン専用サイト

 


Categories

Recent Entries

Archives

  • 研音公式オンラインショップ K-SHOP

Twitter

ページトップ
Created by Coosy inc.